男性看護師と女性看護師の仕事内容の違い

最近ではちょこちょこと見かけるようになった男性看護師の存在。どんなお仕事を任されているのか、女性看護師とはどう違うのかが気になるところですが、『男性看護師も女性看護師も、看護師である限り仕事内容は一緒』なんです。

 

仕事内容自体は一緒なはずなのですが、病院によっては任される仕事が違う場合も出てきます。例えば、力仕事があれば必然的に男性看護師に頼ることが多くなりますし、女性患者さんの担当は同性である女性看護師が担当する場合が多いということも出てきます。

 

さらに産婦人科の看護師は今のところ男性看護師では出来ないんだそうです。だからと言って、仕事がないとか男性看護師が不利かと言ったらそうではなく、女性患者さんの担当ではなくても男性患者さんの担当は任されるので、女性看護師と同じようにケアや看護をしていくことになります。診察の介助や入院患者さんの身の回りのお世話、手術の介助、検査処置など様々な仕事をこなしていかなくてはならないので、女性であろうと男性であろうとかなりハードな仕事であることは変わりないです。その分、とてもやりがいを感じている看護師さんも多いようですね。