看護師が行う栄養指導

栄養指導を行う人と言えば管理栄養士という立場の人を思い浮かべます。病院などにおいても、管理栄養士は存在したりします。管理栄養士は患者の栄養指導を行うのですが、基本的には病院内に配置されている管理栄養士はそんなにたくさんの人が配置されていないのが実態です。

 

そのため、放っておくと当然のことながら手が回らなくなり患者への指導が不十分となってしまいます。

 

そこで、管理栄養士の代わりに栄養指導を行うのが看護師ということになるのです。看護師も実は学校など栄養学などの勉強を積んできているので指導を行うことも可能なのです。管理栄養士の数は看護師よりも圧倒的に少ない配置となっています。ですから、少しでも学んだこともあり現場を良く知っている看護師の力は必要不可欠であると言えるのです。

 

どうしても優先順位の高い患者は管理栄養士の指導を、そうでない患者は看護師が栄養指導を行っているのがどこの病院でも一般的になっているのです。このように見ていくと、看護師の仕事がハードで色々なことに手を貸していかなくてはいけない大変な仕事であることがよくわかります。