助産師の現状

助産師という職業は大変尊いものですし、なくてはならない存在です。ですがそんな助産師の現状としましては大変厳しいようなんです。まず、産婦人科医が不足してしまっていてその産婦人科医の不足に伴って産婦人科自体が閉鎖に追いやられているケースが多いようなんです。

 

その産婦人科の閉鎖に伴って助産師の活躍する場所も少なくなってきてしまっているのです。

 

産婦人科の閉鎖によって転職せざるを得なくなってしまったという方も多いようなんですね。他にも閉鎖までは行かなくても分娩等の制限などをおこなっている産婦人科も多いようです。これには産婦人科医の不足に加えて助産師の不足も考えられます。

 

助産師や産婦人科医はなるためには相当の苦労が必要ですし、なってからもとても体力的や精神的に大変なものであると考えられます。それに大変な仕事内容に比べると賃金も安く感じてしまう人も多く、なかなか助産師や産婦人科医が増えないことも大きな問題点なんです。このように、助産師という職業の現状にはとてもすごく大変なことを抱えているようなんですよね。